冒険に出かけるための7つのルール
         この冒険キャンプに参加するために大切なことだよ。
         大丈夫だと思ったら自信をもって冒険にでかけよう!
 
1、冒険する子どもたちがストーリーをつくる

仲間と話しあって3泊4日の冒険ストーリーをつくります。考えを出し合って力をあわせたことで生まれるものがそこにある。



 

 
2、名前をおぼえる

いちばん最初にやること、
それは自己紹介。
一緒に力をあわせて暮らすたいせつな仲間の名前をおぼえよう!



 

 
3、あいさつと声の掛け合い

あいさつをする
ことばをかけ合う
言葉はたいせつに使えばとても素晴らしいもの



 

 
4、仲間をたいせつに思う

やさしさと思いやりの違いってなんだ?
優しい気持ち? 思いやりのある心?
年上は年下の子をサポートし、力の強い子は力の弱い子を助け、
仲間同志で助け合い、はげまし合い、たいせつに思う


 

 
5、食事は自分たちで作る

火をおこして、飯ごうでごはんを炊いて、魚を焼いてと
食べることがサバイバル!
冒険の基本中の基本!自分たちでつくった美味しさはずっとわすれない思い出になる。



 

 
6、冒険する

冒険にくるのだからチャレンジしよう!
経験は成長、失敗なんでおそれない!
冒険にできないはない!どうやったらできるかを考えるのが冒険。
仲間で乗りこえたときに、
新しい自分を発見するはず!


 

 
7、自然を感じて、自然におそれ、自然とともに

きれいな水の流れを手に感じ、森の香りをかいで、朝日をあびる
夜空の星を近くに感じ、動物のなきごえを耳する
自然を五感で感じることは、成長のエッセンスになるでしょう。



 

 
 
 
 
Copyright(c) 2005 青空見聞塾 All rights reserved.